• 平和​を愛する福岡大学人の会

     

    【 最 新 情 報 】

     

    福岡大学教員有志が、この度の菅首相による学術会議会員任命拒否に関する声明を発表しましたので、紹介させていただきます。

     

    福岡大学教員有志緊急声明

    ―日本学術会議第25期新規会員任命に関する要望を支持する―

     
    詳細はこちらを御覧ください。
     
    PDFはこちらからダウンロードできます。

     

  • 設立の趣旨

     

    「平和を愛する福岡大学人の会」設立の趣旨

     

     平和って何だろう? 憲法って何だろう?

     

     地球のあちこちで紛争が起き、犠牲者が続出しています。日本の周辺にも紛争の火種があります。

     

     そして、日本国内では、安全保障法制や、沖縄をはじめ日本各地に存在する米軍基地の問題、防衛装備庁の創設や防衛装備庁と大学との研究連携など、平和をめぐる動きが急展開しています。

     平和についてのイメージさえも不確かなものとなり、憲法と行政、立法の関係もまた揺らぎつつあるのではないでしょうか。

     

     そのような状況を目の当たりにして、日本の安全はどうなるのか、日本は世界の安全とどう関わっていったらいいのか、憲法はどうあるべきなのか、戸惑い、不安を感じる人が多いかと思います。

     

     このような時こそ、社会のいろいろなできごとを理解するために,落ち着いて学び合い、意見を交換し合える場が必要ではないでしょうか。

     

     福岡大学は、総合大学として学部も多様で、数多くの教職員と学生がいます。また、多くの卒業生が様々な分野で活躍されています。そうしたメンバーが立場を越えて、日本が抱える平和に関わる多様な事柄について、学部横断的に交流することは、とても有益なことと思います。

     

     「平和を愛する福岡大学人の会」は、そのような交流の場を設ける活動をしています。

    活動

     

     平和に関わるトピックを取り上げ、講演討論会を開催します。

     これ以外にも、いいアイデアがあれば、実践していきたいと考えています。

    構成メンバー

     

     福大の教職員、名誉教授、元教職員、学生、院生、卒業生など福大関係者。

     メンバーを募集しています。多くの方々に参加して頂ければ幸いです。

    活動経費

     会員および講演会等の参加者の個人カンパで、活動経費を賄っています。

    連絡先

    fukudaiheiwa☆yahoo.co.jp​

    ☆の部分を@に置き換えてください。

    設立

    2015年12月11日

    平和を愛する福岡大学人の会(代表:林 政彦 理学部)

  • 日本学術会議
    「軍事的安全保障研究に関する声明」

     

     2017 年 3 月 24 日、日本学術会議幹事会は「軍事的安全保障研究に関する声明」 (裏面)を発表しました。 この声明は、2015 年に日本社会を揺るがせた安全保障関連法成立と機を同じくし て発足した、防衛装備庁の「安全保障研究推進制度」への研究者、大学、研究機関 の関与の在り方への関心が高まる中で、日本学術会議が「安全保障と学術に関する 検討委員会」(設置提案:大西隆日本学術会議会長、5 月 20 日)を発足させて検討 してきたものです。

     

     同委員会は、2016 年 6 月 24 日(第 1 回)から 2017 年 3 月 7 日 の 9 か月間に 11 回もの会合を重ね、延べ 24 時間に及ぶ検討を行い、声明(案)を 作成しました。この声明(案)は 2017 年 3 月 24 日の日本学術会議幹事会で「声明」として扱われることが決定されました。現代における日本の軍事研究と大学を 中心とする研究機関の関係関する規範を示したものと言えます。

     

     精力的に検討を進めてこられた委員会のメンバーに敬意を表するとともに、声明 で謳われている「科学者コミュニティが追求すべきは、何よりも学術の健全な発展 であり、それを通じて社会からの負託に応えることである」「大学等の各研究機関 は、施設・情報・知的財産等の管理責任を有し、国内外に開かれた自由な研究・教 育環境を維持する責任を負う」という一文には、襟を正さざるを得ません。

     

     福岡大学の教員、職員、院生、学生の皆さんがこの学術会議声明を熟読され,今後の福岡大学の在り方を考えていく際の指針とされんことを望むものです。 なお、検討委員会の全資料、逐語議事録等の検討全過程は、検討委員会のHP (http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/anzenhosyo/anzenhosyo.html)で公開 されています。

     

     本文に関するチラシは、こちらからダウンロードできます。

  • 福岡大学教員有志緊急声明

    日本学術会議第25期新規会員任命に関する要望を支持する

    ※ 福岡大学教員有志が、この度の菅首相による学術会議会員任命拒否に関する声明を発表しましたので、紹介させていただきます。

     

    PDFはこちらからダウンロードできます。

     

     

    日本学術会議は、2020年10月2日に開催された第181回総会において、菅義偉内閣総理大臣に対し、第25期新規会員任命に関して次の2点を要望することを決議した。

     

    1.2020年9月30日付で山極壽一前会長がお願いしたとおり、推薦した会員候補者が任命されない理由を説明いただきたい。

     

    2.2020年8月31日付で推薦した会員候補者のうち、任命されていない方について、速やかに任命していただきたい。

     

    私たちは、日本学術会議法第3条、第7条2項、第17条の規定の趣旨に基づき、上記決議を支持する。

     

    2020年10月25日

     

     

     

    福岡大学教員有志(29名,10月31日時点,五十音順)

    藍浩之(理学部准教授)

    安藝初美(薬学部名誉教授)

    植上一希(人文学部教授)

    永星浩一(商学部教授)

    屋宮憲夫(法学部教授)

    折登美紀(法学部教授)

    甲斐勝二(人文学部教授)

    勝山吉章(人文学部教授)

    古賀正明(理学部助教)

    後藤富和(法科大学院非常勤講師)

    佐藤基治(人文学部教授)

    須本國弘(薬学部名誉教授)

    中川裕之(理学部教授)

    中島章子(経済学部教授)

    祢宜田啓史(理学部名誉教授)

    間ふさ子(人文学部教授)

    畑中久彌(法学部教授)

    林政彦(理学部教授)

    東原正明(法学部教授)

    廣澤孝之(法学部教授)

    広瀬貞三(人文学部教授)

    藤原玄夫(理学部名誉教授)

    星乃治彦(人文学部教授)

    森丈夫(人文学部教授)

    山口武夫(理学部名誉教授)

    山口敏男(理学部名誉教授)

    山田英二(人文学部教授)

    山中博心(人文学部名誉教授)

    横張文男(理学部名誉教授)

     

    日本学術会議法(抜粋)

     

    第三条 日本学術会議は、独立して左の職務を行う。

    一 科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。

    二 科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

     

    第七条 日本学術会議は、二百十人の日本学術会議会員(以下会員という。)をもつて、これを組織する。

    2 会員は,第22条の規定による推薦に基づいて,内閣総理大臣がこれを任命する。

     

    第十七条 会員となることができるものは,その専門とする科学又は技術の分野において5年以上の研究歴を有し,当該分野における優れた研究又は業績がある科学者でなければならない。

すべての投稿
×